P R I C E

お申込はこちらから

会員費の料金設定ついて

現在Y2BASEでは60分\8,800で、マッサージやパーソナルトレーニングを行わせていただいております。
4回ですと\8,800×4回=\35,200ですので、1ヶ月のトレーニング施設の使用料が 4,400となります。
2回ですとトレーニング施設利用料が\8,800となりますので、M4会員様が大変お得になっております。

ビジターについて

ご利用日当日、マッサージ等のご予約のある方につきましては\1,100
トレーニング施設利用のみの方につきましては\2,200

入会について

身分証明書・クレジットカード(VISA・MASTER・AMEX)が必要となります。
入会日当日から1ヶ月ごとのご利用になりますので、
例えば3月15日に入会しますと4月14日までの 月会費を頂戴いたします。
クレジットカードから自動引き落としとなります。

施設紹介

■ 利用規約

「Y2 BASE TOKYO」(以下、本クラブといいます)利用に際しまして、皆さまが快適にご利用いただくために、下記の事項を厳守されますようお 願い申し上げます。また、本クラブか゛、健康づくりと憩いの場として、常に清潔で楽しい雰囲気を保ち続けられますよう、皆さまのご理解とご協力を心よりお願い申し上げます。
第1条
本クラブを利用いただけるのは、医師から運動を禁じられていない方とします。なお、20歳未満の方は親権者の同意が必要となります。
第2条
本クラブの利用時間は、別途定める「お申し込み・ご利用の案内」をご参照ください。
第3条
本クラブの休館日は、年末年始、特別点検・修繕等の場合の臨時休館、天災地変等、その他やむを得ない事情により本クラブの営業が不能となっ た場合とします。
第4条
本クラブは、現金、貴重品類はお預かりできませんので、皆さまご自身で責任をもって保管ください。万が一、盗難・傷害・その他の事故が発生しても本クラブでは一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
第5条
本クラブでは、下記の事項を禁止いたします。
1,所定の場所以外での飲食、喫煙
2,酒気を帯びてのトレーニング
3,外傷、皮膚疾患、伝染病を有する方の施設利用
4,危険物及びペットのお持ち込み
5,賭博行為、勧誘、セールス行為、及びそれに類する行為で、他のお客様に迷惑を及ぼす行為
6,無許可の写真・ビデオ撮影、録音等 7,無許可のアンケート協力等の依頼行為
8,他人を誹謗、中傷すること
9,他人に対する暴力行為や威嚇行為 10,痴漢、覗き、露出など公序良俗に反する行為 11,施設内に落書きや造作をする行為 12,本クラブ利用時に暴力的な言葉や大声を発する行為 13,器具を床に落とすなど、故意に音を立てるまたは振動を与える行為 14,立ち入り禁止区域への立ち入り
15,営業妨害とみなされる行為
16,無許可での各種設備設定の変更(空調・照明・音響等を含むがこれらに限らない) 17,本クラブの従業員及び関係者に対する当社等からの退職の勧誘、他社への就職あっせん、引抜きその他これらに類する行為 18,その他、本クラブの施設目的にそぐわない行為
第6条
本クラブ内及びその周辺で、本クラブの承認のない物販、商業行為、印刷物、チラシ等の配布行為、特定の宗教・政治的宣伝行為は、固くお断りいたします。
第7条 従業員へのお心付け等は、固くご辞退申し上げます。
第8条 ロッカールームのご利用の際、下記の事項にご留意ください。
1,ロッカールーム内では、他のお客様のご迷惑にならないようにご利用ください
2,衣類、履物、バッグ類、運動着等、入館時にご持参のものは、必ず所定のロッカーに納め、他の場所に放置なさらぬようご注意ください
3,着替えてロッカールームを出られる時は、ロッカー内に忘れ物のないようにご注意ください
4,特に、腕時計、指輪、イヤリング、髪飾り、その他の小物類の忘れ物がないかどうかご確認ください
5,ロッカールーム内で、他のお客様のご迷惑になるヘッドホン、音楽プレイヤー、携帯ラジオ、携帯電話のご使用はご遠慮ください
6,ロッカールーム内で不備なものがあった場合は、従業員にお申しつけください
7,ゴミ位や小物破棄物は、所定のゴミ箱にお捨てください
8,ロッカールームの照明・空調等の設備の操作はご遠慮ください。照明・空調について不都合がある場合、従業員にお申しつけください
9,ロッカーの中に危険物、ペット、生鮮食料品類、騒音や臭いのする物等を収納することは、固くお断りいたします
10,シャツ、タオル類を汗その他で濡れたまま放置しないようお願いいたします
11,化粧台は、お客様全員で共用するものです。清潔にご利用ください
12,化粧台のドライヤー、ティッシュ類は清潔にご使用ください。ご使用済の備品類は、放置しないようお願いいたします
13,ロッカールーム内でご気分が悪くなった場合、ただちに従業員にご連絡ください
14,使用済みのバスタオル、トレーニング着はお帰りの際に特定のボックスにお入れください

2020年3月1日 施行

■ 会員規約

第1条(名称と所在地)
本施設は、「Y2 BASE TOKYO」(以下、本クラブ)と称します。
第2条(運営主体)
本クラブは、合同会社Y2 BASE TOKYO(東京都文京区本郷1-33-3 後楽園キャステール102;以下、当社)が管理運営の主体となります。
第3条(目的)
本クラブは、会員の基礎体力・人間力の向上、パフォーマンス向上、健康維持、増進に努めることを目的とします。
第4条(会員資格等)
会員は、本クラブの目的に賛同し、本規約を承諾する方及び団体とし、会員の本クラブの利用は医師から運動を禁じられていない方とします(但し、クラブが特別に認めた場合はこの限りではありません)。なお、次の各号に該当する方については入会ができません。
1.暴力団員または暴力団若しくは暴力団員と密接な関係にある方。
2.暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等の市民社会の秩序や安全に脅かす方、またはそのような団体と密接な関係にある方。
3.社会通念上、前二号に該当すると思われる行動、言動、外見・身なり(刺青・TATTOOを入れることを含む)をされている方。
4.20歳未満の方は、親権者の同意が必要となります。
第5条(会員の種類)
本クラブの会員の種類及び権利は、別途定める「お申し込み・ご利用の案内」が適用されます。
必要に応じて会員の種類を新規に設定し、又は廃止することがあります。かかる場合、当社は事前に本クラブホームページ、
書面、または施設内の掲示等にて告知するものとし、会員はこれに異議を述べないものとします。
第6条(入会手続き)
本クラブ入会の際は、所定の入会申込用紙等に必要事項を明記の上、会費等を添えて手続きをしていただきます。
※「お申し込み・ご利用の案内」別途参照
第7条(諸手続き) 会員は、会員種類の変更の際は、所定の方法で手続きを完了しなければなりません。また、会員が入会申込時に記載した内容に
変更があった場合(住所変更等)も、速やかに変更手続きを完了しなければなりません。この場合、変更届出の効力は当社の変
更事務処理終了により、生じるものとします。
第8条(入会登録手数料・会費・チケット料金等) 1.入会登録手数料・会費は、本クラブが定める所定の方法で納めていただきます。
2.会員は、施設利用の有無にかかわらず、退会するまでは指定の会費を支払わなくてはなりません。
3.一度納められた入会登録手数料・会費は、原則返金いたしません。
第9条(会員証) 1.本クラブの会員の証として、個人会員に対して会員証を発行します。
2.本クラブを利用する際は、必ず会員証を提示していただきます。
3.会員証は、本人のみ有効であり、会員は第三者に譲渡・貸与その他の担保権設定をすることは出来ません。
第10条(退会手続) 会員は、本クラブを退会する際は、会員証を返却した上で、所定の退会届を本クラブが定めた締切日までに提出しなければなりません。
※「退会届」別途参照
第11条(会員資格の喪失) 会員が、次の各号のいずれかに該当する場合、当該会員は当然に会員資格を喪失します。この場合会員証は無効とし、直ちに返還していただきます。
1.本クラブの名誉を傷つけ、秩序を乱した方。
2.入会に際して虚偽の申告をした方。
3.死亡したとき(法人会員の場合、解散または破産の申立てを行ったとき)。
4.その他本クラブの目的にふさわしくない行為をされた方。
会員が、次の各号のいずれかに該当し、本クラブからの要請を受け入れない場合、当該会員は会員資格を喪失します。この場合の会員証の取り扱いは前項に準じます。
1.第4条第1項各号のいずれかに該当する方。
2.会員規約・利用規約、その他本クラブの諸規則に違反を行っている方。
第12条(損害賠償) 本クラブは、本クラブの施設利用に際して、会員または第三者に生じた人的、物的事故について本クラブは一切の責を負いません。会員が本クラブの施設利用に際して本クラブ又は第三者に損害を与えた場合、当該会員は速やかにその賠償の責に応じるものとします。
但し、事故または損害を与えた原因が明らかに、本クラブの過失または器具類の不都合による場合は、前各項の適用はありません。
第13条(盗難) 会員が本クラブの利用に際して生じた盗難については、本クラブは一切損害賠償の責を負いません。
第14条(紛失・忘れ物) 会員が本クラブの利用に際して生じた紛失については、本クラブは一切損害賠償の責を負いません。
忘れ物については、一定期間(1ヶ月間)保管した後、処分させていただきます。
第15条(禁止事項) 本クラブでは、下記の各号の行為を禁止いたします。
1.所定の場所以外での飲食、喫煙
2.酒気を帯びてのトレーニング
3.外傷、皮膚疾患、伝染病を有する方の施設利用
4.飲食物、危険物及びペットのお持ち込み
5.賭博行為、勧誘、セールス行為、及びそれに類する行為で、他のお客様に迷惑を及ぼす行為
6.無許可の写真・ビデオ撮影、録音等
7.無許可のアンケート協力等の依頼行為
8.他人を誹謗、中傷すること
9.他人に対する暴力行為や威嚇行為
10.痴漢、覗き、露出など公序良俗に反する行為
11.施設内に落書きや造作をする行為
12.本クラブ利用時に、暴力的な言葉や大声を発する行為
13.器具を床に落とすなど、故意に音を立てるまたは振動を与える行為
14.立ち入り禁止区域への立ち入り
15.営業妨害とみなされる行為
16.無許可での各種設備設定の変更(空調・照明・音響等を含むがこれらに限らない)
17.本クラブの従業員及び関係者に対する当社等からの退職の勧誘、他社への就職あっせん、引抜きその他これらに類する行為
18.その他、本クラブの施設目的にそぐわない行為
第16条(休館日) 本クラブの休館日は、定休日、年末年始、その他施設の法定点検・修繕等止むを得ない場合とします。
第17条(施設・設備・サービスの廃止と利用制限) 1天変地異・法令の制定改廃・行政指導・社会情勢の著しい変化・その他やむを得ない事由が発生した場合、本クラブは、施設・設備・サービスの全部若しくは一部を廃止し、又はその利用を制限することができます。
2施設・設備の改造・改築・整備等を行う場合又は経営上必要があると認められた場合、本クラブは、施設・設備の全部若しくは一部を廃止し、その利用やサービス提供を制限することができます。その告知は、本クラブホームページ、書面、または各施設内の掲示等により行います。
3各施設は、前二項の他、施設の管理上やむを得ない場合には、予め告知の上休館することがあります。この告知は原則として本クラブホームページ、書面、または施設内の掲示等により行いますが、やむを得ない事情による臨時休館日については、この限りではありません。
4前各項の場合、会員は、本クラブに対して損害賠償等一切の請求をできないものとします。
第18条(入会登録手数料・会費の変更) 本クラブは、本規約に基づいて会員が納入すべき入会登録手数料・会費料金等を諸般の事情により変更することができます。 この場合、本クラブは、原則として1ヶ月以上前までにその内容を本クラブホームページ、書面、または施設内の掲示等にて通知するものとします。
第19条(利用規約) 本クラブの利用規約は、別途設けます。
会員は、利用規約を遵守する義務を負います。
第20条(合意管轄) 本規約に関する一切の訴訟については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
第21条(規約の発行) 本規約は令和2年3月1日から発効します。
本規約は、随時必要に応じて改訂されることがあります。この場合、原則として本クラブホームページ、書面、または施設内の掲示等により通知します。改訂した場合、その効力は全ての会員に及ぶものとし、異議なく新しい規約を遵守されるものといたします。

2020年3月1日 施行